2004 年 12 月

今年は今年の雪が降る

2004年12月31日

こうさぎの単語抽出センスには脱帽する他ない私はハリンと申しますが貧乏。貧乏。あえてそこを抜くか貧乏。まぁそれはそれとして、今年最後のエントリがセバス野郎ではまずかろうというわけで筆を取った次第で貧乏。

最後とは申しましても実はあまり気分が盛り上がらないでおりますのは、年末も年始もなく労働があるからでありましょう。正月ぐらいは休みましょうという日本の古き良き伝統が、たかだか100年前に至極不義理な人間の広めた悪しき習慣に踏みにじられているのであります。やる方もやらせる方も国賊といって差し支えないでしょう。まぁ私は親戚回りとか紅白出場とか面倒なのでむしろ積極的に出勤していきたい所存ではありますが国賊ですがえぇ。何年ぶりだろか正月休まないの。そんなに働いてどうするの。お手当てとかいっぱいもらえるしすごいことになりますよ。下鴨あたりに家建ちますよ。家が建つんですよ!チョコバット大人買いしますよ!お菓子のホームラン王ですよ!

いや、ちがった。

雪でしたね。降雪しましたよ。ある意味2004年の終わりですよ。別の意味で2005年が始まりますよ。早かったですね。何だか1日とか1分とかないくらい早かったですよ。去年もそんなものなかったですがなんか今年はほんとになかったですね。だんだん目盛りが薄く消えていくみたいで恐ろしいです。新しく目盛りを書き直すか、目盛りに頼らなくても計られる感覚を身に付けたいです来年は。ハログオブウワーとしての面目を躍如したいです。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。

追記)MacPeople 2月号でサバノワをご紹介いただきました。年内バージョンアップならず嗚呼。久しぶりにマック雑誌を味読しましたが、いろいろ情報を得てしまうと新しい機械がほしくなりますね。フラッシュメモリのアイポッドですか。たたた誕生日?

聖なる夜に

2004年12月25日

コンビニで切手を買ったら、財布の中身がちょうど0円になったよ。こういうときって、何て言うんだったっけ?

「ビ、ビンゴ!」

無論、ホーリーナイトですから。

時間とコスト

2004年12月21日

師走ですね年の瀬ですね。ハムスター専用ヒーターを膳所善造と奪い合うのに忙しい私ことハリンですが皆様いかがお過ごしですか。貧乏じゃない、うちは貧乏なんかじゃないぞと100回唱えていきたい所存です。第一膳所善造はハムスターのくせに金かかりすぎ。部屋は完全オール電化床暖房だし、ただでさえ野菜高いのにキュウリ大好き。キュウリですよキュウリ。冬にキュウリですよ。御前はカッパか、河の童なのかと100回突っ込んでいきたい所存です。

さて、上記のように超多忙な私ことハリンですが、先日、珍しくも失敗をやらかしてしまいました。時間を有効活用しようと思って以下の三つのことを同時に実行していたのです。

  1. 風呂につかりながら、
  2. 本を読みながら、
  3. 寝る。

そしたらやってしまいましたのですね。本がドボンですね。紙は水に弱いです。悲しい結果がこれです。

041221.jpg

※注)トリック写真ではありません

これをチャート式に変換しますと、

風呂+本+寝=コスト×2

G.A.M(この略称かっこよすぎますね。うちのイメージにぴったりですね。ありがとうございます!)は超情報分析系ビジネスサイトですので、私同様忙しすぎるビジネスマンのために、以上の失敗から導かれるビジネス三箇条を掲げたいと思います。

  1. 風呂につかりながら、
  2. 本を読みながら、
  3. 寝ちゃダメ!

ほな、さいなら!

ひとまずご回答いたします。

サバノワアンケートへのご協力ありがとうございます。たいへん励みになります。

予想以上にたくさんいただいておりまして、もっと早くやっときゃよかったと、少し後悔しておりまして、もっと早くやっときゃよかったと、少し後悔しておりまして、もっと早くやっときゃよかったと、少し後悔しております。

かなり後悔している作者の様子が伝わってきます。ああ確かにそんな感じ。そんな感じです。

不具合についていくらかいただいておりまして、サバノワ不具合対応ページにてご報告していきたいと考えております。近々更新いたします。

ご要望等につきましては、進捗報告やテストバージョンの公開にて回答とさせていただきたいと思っております。ただ、以下のご要望につきましては、現状では実現が難しいです。面目ないかぎりです。

  1. マウスのホイールスクロール対応

    サバノワはカーボンアプリケーションなので、対応できていないのだと思われます。

  2. 3Dなアイコン

    作者スキルの問題上、難しいです。

  3. テキスト処理の強化

    作者スキル及び開発環境の問題上、困難です。せめてインプットメソッドとの相性の問題はクリアしたいのですが、為す術がないというのが現状です。

以上、ごめんなさいでございます。1と3はココア化によって解決できそうですが、そのココア化がやや絶望的です。何とかしたいと思いつつ月日ばかりが過ぎゆきます…。

また、その他のご要望につきましては、検討中ということでご了承願います。

安全第一を念頭に置きつつ、簡単かつ高機能、シンプルかつなんじゃこりゃを目指して精進して参ります。よろしくお願いいたします。

鶴千羽

2004年12月18日

上司が入院したので千羽鶴を折っている。折り方など忘れてしまっていたが、人が折っているのをみてすぐに思い出し、あとは指が勝手に動いた。身体が憶えていたのである。

日本人のほとんどは鶴を折ることが出来るのではないか。これはすごいことなのではないか。また、意外な盲点なのではないか。日本に紛れたスパイを見分けるのに、鶴を折らせてみるというのはどうか。逆に言うと、鶴が折れない人はもぐりと見做される危険があるのではないか。

ゴーイング蜜柑はお役立ちサイトなので、鶴を忘れた日本人や日本潜伏中のスパイたちのために、美しい鶴の簡単な折り方を伝授してみたいと思う。これを機にマスターしていただきたし。

  1. 正方形の紙片を用意し、二辺は机と平行に、残りの二辺は垂直になるように置く(以下、上辺を「辺甲」、下辺を「辺乙」、左辺を「辺丙」、右辺を「辺丁」とする。)。
  2. 左上部の頂点(以下、「点甲」という。)に、右上部の頂点(以下、「点乙」という。)と左下部の頂点(以下、「点丙」という。)の対角線(以下、「対角線甲」という。)を軸とした線対称上の点(以下、「点丁」という。)を重ね合わせる。このとき対角線甲には厳しい折り目を付けておく。後で利いてくる。
  3. 点乙と点丙を重ねる。このとき点甲と点丁の対角線(以下、「対角線乙」という。)には決して消えることのない折り目を付けておく。
  4. 点丙を机に対し垂直に立て、机に向けて圧迫する。点丙が机に密着するまで、圧力を加えつづける(点丙が机に密着した時点で新たに発生する面を以下、「面甲」という。)。すべてが思い通りにならなくても。
  5. 面甲を机上面に面するように本体を裏返す。本製作工程において最も動的な作業である。大見え切れ。
  6. 点乙を机に対し垂直に立て、机に向けて圧迫する。点乙が机に密着するまで、圧力を加えつづける(点乙が机に密着した時点で新たに発生する面を以下、「面乙」という。)。記憶に刻まれる。
  7. 対角線乙を頂点とする二等辺三角形の底辺に面甲に内接する円の中心点を重ねる。同時に対角線乙は三次元を離脱する。
  8. 対角線甲から点丙に向けて垂線を下ろし、垂線に沿ってハサミを入れる。落下した面乙、点丁及び辺丙を回収する。この時点で辺丙は三次元を離脱している。
  9. 点甲、点乙、点丙及び点丁を結んで平行四辺形を描きたい。点乙及び点丙が三次元を離脱する。点丙は二度目の離脱である。
  10. 以下、すべての不連続面が三次元を離脱するまで、7、8及び9の手順を繰り返す。落下した不連続面については回収しておくのが望ましい。
  11. 土砂降りの雨の中、傘もささずに飛び出す。折りかけた鶴は全部水たまりに投げ捨てた。もう、何もかもがどうでもよかった。
  12. 完成。

カウンター設置?

2004年12月6日

23、カウンター(解析関係含む)はいくつ設置していますか?

カウンターは数え切れないぐらいていうか100個ぐらい設置してますから。1アクセスで100回カウントアップしますから。解析もすごいですから。ご訪問者の年齢性別趣味特技は言うに及ばず、靴のヘタリ具合とか袖の汚れ方で職業とか利き腕とか昼何食ったかまで解析しますから。カレー食った人はたいがい袖が黄色くなってますから。いちばん困るのは全裸の人ですね。宗教、習慣、性癖、支持政党、いろんな理由が考えられますからね(気になる人はググってみてくださいね。分からなくても悪いのはググですからね)。散々解析した揚げ句に、生まれたての赤ちゃんだった、ってこともありましたよ。人間生まれるときはみな裸ですからね。意外な盲点ですよ。金の靴下を履いているかも知れませんからね!おぎゃあ!

あとスカウターも設置してるので、戦闘力だってわかりますよ。ちなみにが4で膳所が6で(噛みますので)、が300万ぐらいですかね。スーパーサイヤ人ですから。

ドラクエ一週間

2004年12月3日

せっせせっせと励むわけですが、30年間生きてきてドラクエを発売日に買ったのは初めてではないか?

今回は3D的な画面構成で、これはもはやドラクエ2ではない。主人公一人称ではなく、俯瞰固定三人称でもなく、主人公のちょっと後から霊的視点で主人公を追いかける。そのせいだろう。どっちがどっちだかわからないのだ。常に北を意識して生きている人間として、地図を描けない不安は何とも強迫的だ。よそんちのタンスを無造作に開けて、何にも入ってなければ舌打ちを打つ主人公。腹いせに壺を持ち上げてはたたき割る、持ち上げてはたたき割る。アイテムが出れば無言でポケットにしまう。どこにいるのかわからないということは、目の前にある壺がすでに割った壺なのかも分からないという事で(画面切り替わると壺は復活します)、同じ壺を何度もたたき割ることになる。無言で家に入る。無言でタンスを開ける。無言で壺を割る。無言でポケットにしまう。抵抗しない住人たち。以前から指摘されていた事ではあるが、3Dになった分、そのあたりの描写が変に生々しい。明らかに逆手にとっている。洞窟内の宝箱も単純記号時代には何とも思わなかったが、リアル指向だとかなり違和感がある。それもまた一興という割り切り。ていうかすみません。まだ通算1時間ぐらいしかやってません。眠くて眠くて10分ぐらいで寝てしまうのです。おもしろくないからではなく単に私が眠いだけです。眠いので夢なんだか現実なんだかゲームなんだか分かりませんが3D感覚で跳び出すのです(ただし、立体テレビと立体テレビ専用眼鏡が必要)。臨場感なのです。ボインなのです(Hワード)。鳥山明先生の作品が読めるのはジャムプだけなのです!(中国ではこう書く)

「お手元のPS2版『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』をマーケットプレイスに出品しませんか?」ていうメールがアマゾーンから来たよ?