2004 年 11 月

むづかしい本を読もう

2004年11月28日

もうダメだ。むづかしい本を読もう。

存在が、問われていることを構成し、存在が存在するものの存在を意味するかぎり、存在への問いにおいて問いかけられているものとして、存在するもの自身が結果として出てきます。このものは、それ自身の存在をいわば訊問されています。

む、むづかしい。同じ人類が発したことばとは思えない。これはうちの書棚にある書物の中で最もむづかしいであろう『存在と時間』(岩波文庫)というものである。意味するかぎりである。出てくるのである。あまつさえ訊問である。こ、こ、このものは!このものは!

しかし、よく考えてみると、むづかしいのは当たり前なのである。何となれば、この世界はむづかしいからである。むづかしいものがむづかしいだけなのである。これは、逆に安心なのではないか。むづかしいことをかんたんに言う、というのは土台無理な話だ。そういったものは詐欺だ。騙し騙されのテクニックだ。むづかしいものはむづかしい。むづかしいものはむづかしく語れ。あなたもわたしもむづかしい。彼方も此方もむづかしいのだと、再認識できるではないか。とかく自分のことは自分のことだけに簡単だ、わかりやすい、何もかも把握できているような気になって軽んじてしまいがちだが、そういったときにはむづかしい本を読もう。何でもいい。むづかしければ、電話帳でもいい。とにかく読んでみようではないか。

いや、電話帳はどうだろう。むづかしい電話番号ってのはどうだろう。はっきりいってうちの電話番号は超むづかしい。引っ越すたびに変わっているので、むづややこしい。電話番号なのか郵便番号なのかすらわからない。ちなみに、1192-296は幕府(鎌倉)の電話番号ですから。794bon3-heーan驚ですから。試験に出ても知りませんから!

にくのアクセスいいですか?

2004年11月25日

22、1日にどれくらいのアクセスがあったらいいですか?

アクセスというのが正直よく分からない。分からないときには辞書を引くのがウェブ日記作成者の嗜みであるからして新解さんをひも解いてみるに載ってない。1981年発行の第3版だから仕方ないか。インターネットはおろか日記すらも庶民には普及していない時代だろう。男のすなる日記をすなり!というわけである。

アクセスはダメだったが、類義語の「あくせく」は載っていた。

あくせく【齷齪】(1)[気が小さくて]細かい事まで自分でやらなければ気が済まない形容。(2)仕事だけにとらわれて、十分な休養を取る暇がない形容。

気が小さくて悪かったな!

やっぱり新解さんは辞書としてはちょっと特種なのである。ここはひとつ大定番の広辞苑に登場願うとしよう。言うなれば丸出しの岩波コンップレクスである。

アクセス【access】(1)情報に対する操作の総称。特にコンピューターで、記憶装置や周辺装置にデータの読み出しや書き込みをすること。(2)交通手段の連絡。「空港までのーがよい」

むぅぅ!わからねえ!まったくわからねえよ!岩波文庫よりもわからねぇよ!情報に対する操作の総称ってことはつまり情報操作だから、コンピューターでスーパーハッキング?なんか二重スパイとかそういうこと?1日にどれくらいのスパイが寝返ったらいいですか?まったく、誰を信じていいのか分からないよ。疑心暗鬼だよ。朝令暮改だよ。人間万事塞翁が馬だよ!

まぁここは(2)で解釈するのが妥当だろう。つまり1日にハリン家へどれくらいの交通手段があったらいいですか?うちは近江八幡なので、JR琵琶湖線か近江鉄道か名神高速道路で来てください。琵琶湖海中連絡船でも可です。新幹線も走ってます。駅はありませんが、降車ベルを鳴らせば停めてくれるでしょう。間違っても飛び降りないように!走っている新幹線から飛び降りないように!

限界

2004年11月23日

住基ネット侵入実験のセミナー報告中止で、米国技術者が総務省を提訴」というニュース。

総務省の見解としては、「技術的にはダダ漏れ状態だが、そのことが国民にバレなければオッケー」ということなのだろう。言い換えれば、「国民に騒がれるのは困るが、個人情報が漏れること自体はたいしたことではない」となる。

住基ネットの脆弱さや総務省のなめた態度ははもちろん問題であるが、私が取り上げたいのはそれではない。

11月10日、同社は、総務省がスライドの内容を修正するよう要求していることをヌーワー氏に伝えた。同省は、1.スライドのネットワーク図は、住基ネットではない。2.スライド中の写真に、無線アンテナが写っているが、住基ネットでは無線LANを使用していない。3.住基カード発行用コンピュータの操作画面が写っている写真があるが、公表していないので、出さないように–といった点に言及した。

ヌーワー氏は「1の図は、自分が作業をした範囲を示すもので、住基ネットを説明するものではない。2は、侵入実験の環境がいかに作業に対して困難であったか説明しようとしたもので、住基ネットが無線LANになっていると表現したものではない。3は、公表されているかどうかわからないので公表しない」などと説明、要求に配慮し、この日、修正したスライドを電子メールで主催者側に送信した。しかし、翌11日、同省、日本側主催者からは何も連絡がなかった。

総務省の担当者は忙しすぎるのだろう。3はともかく1とか2とか明らかにおかしい。ヌーワー氏は「写真はイメージです」と説明しなければならなかったのか。

おそらく、理解しようという気がないのではなく、本当に理解できないのだろう。場当たり的な対応でどんどん泥濘みにはまっていく好例、他人事と切り捨てられるものではない。このニュースはヌーワー氏や国民よりもむしろ、総務省に感情移入して見守りたい。

迷惑メールと世界の終わり

迷惑メールをサイトで紹介するのが軽いブームですね。私もやってみます。

このあいだトウフのチーズケーキ作ってみたよ〜♪
テレビでみておいしそうだったから作ったのに
なんか自分で作ったらあんまおいしくなかったです。。。
やっぱりもう一度教室いったほうがいいのかなぁ?

トウフのチーズケーキでグーグったれば、見事なまでにこの文面を貼り付けたページにしかヒットしません。現実存在しない、つまり、トウフのチーズケーキというのは迷惑メーラーの脳内レシピにしか存在しない架空の食物なのです。

架空の食物を作ろうとして失敗、そこで、彼ないし彼女がいこうとするのは、架空の教室に違いない。何となれば漂流教室に違いない。漂流教室で作るトウフのチーズケーキはきっと、砂を噛むような思い出の味でしょう。

そもそも何故にトウフのチーズケーキなのか。実はトウフのチーズケーキではないのではないか。むしろチーズのトウフケーキなのではないか。チーズのトウフケーキを食せよと、いっているのではないか。カビっぽい感じがするよね、チーズトウフケーキ。そうでなければ、かなり醗酵が進んでるよね。チーズ豆、腐ケーキだからね。「テレビでみておいしそうだった」。間違いなく糸引いてるよね。

漂流教室、チーズ豆、腐ケーキ。何ていうか、この世の終わりだね。

アンケート大感謝です。

2004年11月21日

アンケートへのご協力、ありがとうございます。予想以上にたくさんいただいておりまして、もっと早くやっときゃよかったと、少し後悔しております。

今後もしばらくは受付を続けようと思っておりますので、一度ご回答いただいた方でも、「書き忘れた!」「思いついた!」というようなことがございましたら、再回答ぜひぜひお願いいたします。その際には記入欄のどこでも結構ですので、「再回答」の旨、追記いただければ幸いです。

また、これまでどおり、掲示板への書き込みやメールによるご意見ご感想ご質問もお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いします。

サバノワアンケート

アンケートのお願い

2004年11月20日

サバノワに関するアンケートを取らせていただくことにしました。選択項目だけでも結構ですので、ご協力いただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

サバノワアンケート

辞められる側

2004年11月18日

新人研修で同期だった大塚君から手紙がきて、おぉ珍しいね何かしらねと思って開いたら「退職願を出しました」。

僕はどちらかというと辞める側の人間で、さよならさよならと手を振って去るのが得意だと思っていたのだが、現在の仕事に就いてからというものの圧倒的に辞められることの方が多くなり、圧倒的に辞める側の方が大変なのはわかるのだが、なんだよこの辞める側の優越感は。辞められる側の無力感は。あぁしごとめんどいなぁあさおきるのねみぃなぁ、とは違う種類の羨望だ。沈み行く船と運命を供する焦燥でもない。辞められないという失意、なのかな?

五年である。五年も続いたら簡単には辞めないだろう。当初僕が辞めなかったのは扶養家族ができたからではなく(妻は僕が扶養などしなくても生活するだろう、逆に僕はもはや妻に扶養されなければ難しいだろう)、御前扶養家族ができたのだから簡単に辞めるなという何らかの形や言をもたない圧力を感じたからだ。実利的な理由ではないのだ。現在の「休みの多い蟹工船」は、十分辞めるに値する。値するが辞めないのは、単に辞める快楽と辞めない安楽を天秤にかけた結果に過ぎない。

優越だ無力だ言ってるのは僕の勝手でありこんなことを大塚君が聞いたら満足するか怒るかのどちらかだと思うが、あぁ実際のところなんで辞めるんだろうね大塚君。

本当は寂しいから辞めるなといいたいのだが(そんなことを言われて辞めないくらいなら端から手紙など寄越さないだろう)僕は寂しくなるねぇまた連絡くれよなどと返信するのである。姑息だ。こういう姑息なことばかりしているから、だんだん人が、いなくなる。みんな辞めてしまうのだ。

仕様だ、当然のことながら

2004年11月16日

起動時常にウルトラさんになるのはバグですか仕様ですか。おかしいなぁ。早いうちに直します。記述の意味とか無意味とかを忘れないうちに。

アルデンテだけにコードもスパゲティなんです。性根からスパゲティなんですよ!

追記:

というわけで、直しました。こっそりアップしました。お試しくださいませ。

aldente

3年ぶりの

2004年11月15日

家計簿でも日記帳でもなくてすみません。カウントダウンタイマーをバージョンアップしました。お試しいただければ幸いです。

http://www.mandarin-orange.net/soft/archives/cat_04_aldente.html

現在のところ諸般の事情によりOS X版のみです。

主な変更点

  • 注意喚起力を増強しました。
  • 分及びカラーメニューをカスタマイズできるようにしました。
  • 音設定をわかりやすくしました。
  • お子さまにも安心のチャイルドロック機能を搭載しました。
  • カウントアップすることもあります。
  • 非OS X系デザインを貫きました(引き出しは使ってしまいましたが…)。
  • 非OS X系なので、Exposeであやしい動きを見せます。ていうかひっそり消えます。
  • なんかもう、アイコンの作り方がわかりません。ある意味すごいストレスです。
  • 非OS X系なので、勘弁してください。

ゲームボーイズ

2004年11月9日

任天堂VSソニー、携帯ゲーム機戦争勃発!というわけで、任天堂からは任天堂DSが、ソニーからはプレステPが、この年末に発売になります。ゲームはやっぱり任天堂だよ、超クールだよ、とか、任天堂は子ども向けだ、大人は黙ってソニーだよ、とか、みな好き勝手いっているわけですが、私がズバリ結論を申し上げますと、ほんとはどっちも欲しいんじゃないのか。ほんとはどっちも欲しいんじゃないのか。何度でも言おうか。ほんとはどっちも欲しいんじゃないのか。

オレは欲しい。どっちも欲しい。超どっちも欲しいんです。超どっちも欲しいんですけど、どっちも買えないんですよ!とファミ通読みながら身悶えたれば、妻が「そんなに欲しいなら誕生日に買ってやろう」と言うではないですか。ゲームのゲの字も解さぬ妻が言うではないですか。「ただし、どっちか」。むぅ!やっぱりそうか!そうくるか!

どっちか!と言われると、任天堂である。冷静に身悶えて任天堂。ソニーは「大人でも安心」みたいなところが、逆にゲームとして不安なのである。ゲーム以外に力を注がれるのはいやなのである。プレステやプレステ2は紛れもなくゲーム機だった。微妙なソフトもいっぱい出たがあくまでもゲーム専用機だった。でもプレステPはどうなのか。しっぽの先までちゃんと詰まっているのか。

その意味で、きみのためなら死ねる(音出ますので注意)が任天堂で出るのはおもしろい(しかも本体と同時発売)。そんな種類のねじれがあるから、なかなか一筋縄ではいかない。いかせてもらえない。やってみたいとは思うがたぶんやらないのだろう。五年前ならやったと思う。十年前ならやらないだろう。

ここ何年かで最後までやり終えたのはマザーとFFとメトロイドだけで、全部昔のゲームだ(全部GBだ)。最近のはおもしろくないとは言わないけど何だか疲れる。画像とかシステムとかが変に洗練されているのが面倒なのだろう。ドラクエ8をアマゾン予約してしまったが(こういうのがアマゾンの罠である。実店舗では予約なんて絶対やらない)、今から心配だ。ちゃんとやれるだろうか。ドラクエ2の新作がやりたいなぁ。リメイクではなくて新作がやりたい。それはそうとマザー3の話は進行しているのだろうか。DSで出るのかな。

目下の問題は、ほんとにいいのかオレ、任天堂でいいのか、ということであり、次の誕生日には31になるのですが、31歳の誕生日プレゼント任天堂でいいのかオレ、というのが最大の難関であり、クリアすべき課題であり、そういうことを悶えながら主張すると、「ソニーもファミコンもどっちもゲームじゃん」と身も蓋もないことを言われるのです。

いずれにせよすぐには入手できなさそうなのでこういうものを貼ってみたり。