小銭入れを使ってみた

小銭入れって知ってますか。不勉強にして私は最近まで知りませんでした。いや、巷で噂になっているのは知っていましたが、その存在を明確に認識してはいませんでした。だけど、ふとしたきっかけから入手し、使ってみてびっくり。すこぶる便利なんですよ。以前と比較して明らかに生活レベルが向上しました。いうなればライフハッキングです。ライフハッキンガーハリンを名乗ります。自称です。

小銭入れとは小銭を入れるための入れ物です。そんなものがこの世には存在するのです。一体誰が発明したのでしょうか。私はおそらくインドなのではないかと踏んでおります。数字に絡むことはたいがいインドです。

  • 小銭が持てる
  • これがまず圧倒的に便利です。複雑化する現代社会で小銭はまさに欠かせない存在。スーパーで牛乳を買ったり、コンビニエンスストアでレジの横のおいてある大福を買ったりすることができます。

  • カードを持たなくてもいい
  • これは侮れません。カードは何に使いますか?そう、買い物です。でも思い出してください。買い物に使えるのはカードだけですか?そんなことはないですね。小銭を使うことができます。つまり小銭を持つことにより、カードレスショッピングが可能になるのです。

  • 紙幣を持たなくてもいい
  • これには疑問を覚える方もいらっしゃるでしょう。さすがにオサツは要るんじゃないか。オレは肌身離さず持ち歩いているぞ。でもよく考えてみてください。一年のうち一体あなたは何回紙幣を使いますか。私はほとんど使いません。去年はまったく使いませんでした。もしかすると使うかも知れないと思って常に用意はしていましたが、実際はまったく必要なかったのです。そもそも紙幣は何に使いますか?そう、買い物です。だがちょっと待ってください。日常生活における買い物で、小銭で間に合わないことあるでしょうか。私には想像できません。確かにマンションや自家用ジェットを購入する時には必要かも知れませんが、そんなことはせいぜい年に一度あるかないかでしょう。

  • 電子マネーを持たなくてもいい
  • 電子?何だそれ?うまいのか?と言いたいです。マネーなら小銭で十分です。第一、電子マネーは結構かさばりますよね。小銭は読んで字のごとくとても小さいので、携帯性という意味でも電子マネーより優れています。もう一度言います。小銭マネーで十分です。

  • パスモだかスイカだか知らんが
  • 便利だとか売り切れだとか騒がれてますが、小銭があったら日本全国どこの電車にも乗れるしどこのお店でも買い物ができます。その汎用性たるや比肩するものはないでしょう。また、日本銀行という国内最大手の超メガバンクが惜しげもなく発行しているので、不足する心配がありません。みんないいかげん目を覚ませ。賽銭箱に投げ捨ててしまえ。

ていうか地下鉄の定期をイコカにしてほしい。

(追記)

小銭入れの便利さを訴えるつもりが、消費税殺人事件みたいなエントリになってしまいました。でもほんとうに小銭入れ便利ですよ。

よくよく考えると仕事のある日って、定期と小銭ぐらいしか要らないんですよね。電車乗ったりコーヒー牛乳買ったりするぐらいなんで。本屋に行っても本買いませんし、コンビニ屋に行ってもコンビニ買いませんし。

いま使っている財布が大きくてポケットに入らないので、いつも鞄の底に沈んでいるのです。だから必要な時になかなか探し出せない。しかも紐でぐるぐる巻きになってるやつなので、キヨスクで買い物する時やなんかもうあせりまくりのもたもたぶりで、店員さんから白眼視される日々だった訳ですよ。

それが小銭入れだとポケットからさっと出せるわ、おつりが最小限で済むような会心の支払ができるわで、もう最高にクールでスマートなペイメントなんですよ。店員さんの熱い視線を感じるんですよ。ベスト・オブ・キヨスクショッピンガー・ハリンなんですよ!(自称)

コメント

  1. 小銭入れはずっと昔にもらったものを使っていたのですが
    数年前にぼろぼろになったので、皮で色々作る店の人が開いている
    カルチャー教室の教え子さんにほとんど同じものを作ってもらいました。
    今はそれを愛用しています。

  2. coloさま
    すみません。
    無印のどうということないやつなので、
    今回はリンクだけにさせていただきます。
    http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247024128
    定期入れとおそろいです。

    カリフォルニアさま
    皮革製は年季が入れば入るほど味が出てきて、
    愛着も増しますよね。
    しかも身近な人の手作り、いいなぁ。

  3.  私こと「カリフォルニア」は本日付けをもって
    ハンドルネーム、フォトネーム、ペンネームを
    「橋本 忍」に変更します。

この記事へのコメントの受付は締め切りました。