卑劣で言語道断な映画

巷で話題の映画「大統領暗殺」を観てきました。前ふりはけっこう長めですが、死ぬ時はあっさり死にます。以下ネタバレ。

犯人はチェイニー!それ以外ありえんよ。

実行犯は誰でもいいんだけど、たぶん大統領警備主任の人だね。撃たれたのはホテルのロビーじゃなくて、救急車の中だよ。イラク復員兵の父親とかムスリムとかは当然フェイク。復員兵の父は自殺じゃないし、ムスリムも強制送還じゃなくて死刑にされちゃうだろう。死人にくちなしだ。

何でもよかった。ただ「暗殺」という事実がほしかった。政治利用の意図からムスリムシナリオが選択されて、シリアがベターだったんだけど、アフガニスタンの訓練に参加したって情報が都合よく出てきたんでアルカイダにした。それだけだ。

残された任期でレームダックのブッシュにできることは何か、また、そのことによりいちばん得をするのは誰かを考えたら、チェイニーしかおらんだろう。アンチブッシュは、ブッシュ大好きだしな。死んでもらっては困る。

ヒラリーのコメントはものすごく的を射ているな。ちゃんと観てるなこれは。