ときどき出てくるおにいさん

2008年2月9日

世界のみなさんこんにちは。ウイィフィッティングラーハリンです。かれこれ20日ほどになりますが、インナーマッスルが相当鍛わってまいりました。もうキンニクモリモリですよ。リポDオファーカモンですよ。年末年始の不摂生で一時期は53ちょっとあったのが52.5ぐらいまで戻りました。自然減じゃないよ!フィッティングのおかげだよ!ていうか通夜ぶるまいで肥えるなよオレ。

体重は二十歳ぐらいから変わらないのですけど、ジーパンとか太ももとかが明らかにきつくなっているのですよ。インナーファットが重力に敗北しているのですよ。まぁ年相応に弛めばいいのかも知れませんが、ウェストのあたりがぼよぼよなのはいかにもしんどい。立っているのがしんどいし、寝ているのがしんどい。ので、腰ひねりのヨガっぽいポーズを中心に毎日フィッティングラーなのですよ。

ところで、片足立ちってうまくできますか。私はどうにもふらついてしまいます。いや、両足で立っていても微妙にふらふらしています。静止テストが入るとバランス年齢一気に上がります。ていうか座ってる時も普通にゆらゆらしてるんですけど。座禅で33秒以上もったことないんですけど。なんでデフォルトでこんなに揺れてるんでしょう。酔拳とかそういう人ですか私。フラワーロックですか。

というわけで、難点としましてはボードの感度がよすぎることですね。私そんなにふらふらしてません。心乱れてません。あとヨガで寝転がる時に背中が痛いんです。ゴリゴリ音がするんです。背骨がたぶん削れる音です。敷物ほしい、ヨガマットほしい、と思ったらこんなん出るんですね。大物だから要相談だな。

やはり妻は最初の一日だけだった。ボードくんから「最近見かけませんねぇ…」と言われる度、「ちょっと具合が悪いみたいです」などとひとりゴニョゴニョつぶやいているオレだ。何に言い訳しているのか。何が後ろ暗いのか。DSとかWiiとかのエピソードで、「今までまったくゲームに興味を示さなかった母が毎日やってます」とか「むしろ嫌っていたのに、現在は妻のほうがはまっています」とかいうのがあるが、そんなのは嘘だ。デマゴーグだ。任天堂の流した都市伝説だ。そんな母や妻は存在しない。母や妻はゲームしない。家族みんなで楽しめるだと?夫婦仲よくメタボリックだと?そんな夢みたいな話は共同幻想だ。脳内汚染だ。オレはもう騙されない。騙されないぞ!

WiiFitは30過ぎの男が夜中にひとり、くたびれた身体に鞭打ちながら、人知れずインナーマッスル(←何故か気に入っている)を鍛え上げる、地味で過酷な禁欲ゲームだ。どう考えてもマイノリティだ。こんなもんが100万個も売れているはずがない。はずがないんだ!