オレとツール

2004年5月7日

どんなユーティリティをお使いか、というお題をEさんからメールでいただきました。道具というのは使えば使うほど愛が湧くもの、熱く語らせていただきます。もてあまし気味に。

私がはじめてユーザ登録したオンラインウエアは、Jeditで有名な株式会社まつもと(現アートマン21)のツールランチャーというユーティリティでした。OS 8の新機能であるコンテキストメニューからアプリケーションを起動させるためのツールで、例えば、シンプルテキスト書類をYooEditで開く、というようなことが、コンテキストメニューで行えるのでした。ドラッグ&ドロップと同じ動作ですね。これがまた、すこぶる便利。ツールランチャー+FinderPop(マウスの長押しでコンテキストメニューが開ける)の組み合わせは最強で、もう、OS 7には戻れない、あの頃には帰れないのよ、とつぶやいたものでした。さっそくレジストだ!と500円玉を握りしめて郵便局に走ったら、現金書留送るのに500円かかります、封筒代20円です、と言われて泣きながら帰ったのもいい思い出です。今は送金手段もいろいろあって本当に便利ですね。そういえば某大手決済サービス「K」の送金方法には「現金」というのがあって、それを選択すると「お金をティッシュかなんかでくるんで、わからないようにして送ってください」というようなメッセージが出たように思うのですが、日本では違法ですよね。海外では合法なのでしょうか。現在はたぶんそんなメッセージは出ないと思います。出ないと思いたいです。

話を元に戻しまして、そのツールランチャーの後継が、OpenMenuというこれまたアートマン21製のツールです。ツールランチャー+FinderPop+α for OS X(Classic版もあります)というような何ともぜいたくなソフトで、使い方によってはドックがいらなくなりますね。私自体はむしろOS 8っ子で、屈託なくコンテキストメニューを使える世代でありまして(でもなぜだか右クリックには屈託があります。いずれ理由をでっち上げたいと思います)、逆に言うと、コンテキストメニューからいろいろできれば、場所取りになるランチャーの類いはあまり必要ない。ていうかいらんのです。ドックいらんのです。ヌルヌルするし。ニュッて出るし。ニュッて。

それはさておきここからはまたしても余談ですが、私はかつて「みんなの日記」というハイパーカードスタックを作成しておりまして、これが何の間違いか『MacOS 8ツールズコレクション』という本で紹介されたのでした(ハイパーカードはOS 8でもグリグリ動くので間違いではないのですが…)。その際、「みんなの日記」の前のページに掲載されていたのが他ならぬ「ツールランチャー」で、もうなんだかうれしいを通り越して恥ずかしい、今でも読めません。うちの書棚にひっそり並んでいますが、恐ろしくて手に取れません。

まぁそんな具合で、次回は「オレとハイパカード」(話ずれてるし…)。

コメントをどうぞ