バージョンアップ

2004年10月18日

すみませんサバノワの話題ではありません。よそ様のお作りなさったソフトです。

エルゴソフトから「EGシリーズ」バージョンアップのハガキがきた。まめに買い続けている数少ないソフトだ。次バージョンの「EGBRIDGE」では、「スマート・インライン変換」搭載で、何なのかというと「入力する前後の文章を取り出して文脈を解析することで、期待通りの変換を実現」だそうだ。つまり何でもスマートに変換してしまうのである。「はりん」で変換キーを押すと、「同級生でバスケット部で実際青春してる背が179のハリン」となるわけで、文脈的に期待通りなので仕方ないのだがとにかくスマートなのである。

たぶん今回も買うのだろうが、問題は「EGWORD PURE」もついてくるということだ。いちばん最初に購入したのが「EGWORD PURE」なので、そのままずるずるとついていきているのだ。はっきりいって、全然使ってない。そもそもワープロを使わない。ちょっとした文章やスクリプトの類いであればmiが便利だし。マイクロ会社のワードソフトは太平洋に投げ捨ててきたし。

それより何より「PURE」の部分が、ダメだ。汚れてしまった大人に「PURE」は使えない。「PURE」の取れた「EGWORD」にアップすればいいではないかという意見はもちろん却下。

「EGBRIDGE」単体と「EGWORD PURE+EGBRIDGE」のバージョンアップ価格差が1,500円。これがすなわち「PURE」のバリューである。純粋さの代償なのである。無垢な心を1,500円で売り渡してしまったのである。

まぁそれはいいとして、よくないのは「EGWORD PURE+EGBRIDGE」から「EGBRIDGE」単体へのバージョンアップは不可ってことで、「PURE」に払う価値なぞないとまでは言わないが、使わないものに払い続けるのもなぁ。「EGBRIDGE」単体の新規ライセンス購入かねぇ微妙。

コメント / トラックバック 9 件

  1. 清家弘規 より:

     僕も13から初めてEGWORDを買いましたが
    全然使ってません。EGBRIDGEも使いません。
    ワードも操作方法を勉強しましたが、やめました。
     文章はiText Proの原稿用紙が気に入っています。
    日本語入力はATOKです。
     スクリプトは書けないのでmiもいりません。

  2. 清家弘規 より:

     日本語入力ソフトは宣伝文句ほど進歩しません。
    WindowsのATOKはずっと12を使ってました。
    最近17にしましたが、ごてごてといろんな機能が
    ついたわりには、進歩したとは思えません。
     13で手書き文字入力がついたので、13にしていたら
    17にはしなかったと思います。単語登録をまめに
    使いましょう。

  3. ハリン より:

    文脈云々の話がなければ、
    単語登録でも十分対応できると思います。
    (私自身は通常の変換では出てこないような単語はほとんど使わないので、
    単語登録もあまり利用していません。文節の切れ目には気を使いますが)
    ただ、IMに求められるのは
    変換精度とか特殊な単語に対応とか
    そういったレベルのことではないと思われるのです。
    前後の文脈を読むというのはつまり、
    確定済みところも考慮するということなので、
    この機能がストレスなく
    (「機能としての完成度的に」及び「要求されるスペック的に」)
    使えるのであれば、私としては買いです。
    文章の推敲大好きですので。

    まぁ毎回バージョンアップするのは、
    ソフトを買うというよりは、
    大げさに言えば「開発者に投資する」というような意味合いですね。
    会費を払う、の方が近いでしょうか。
    だからこそ、ワープロはいいからIMがんばってください、
    と思ってしまうのです。

  4. 清家弘規 より:

     そうですねえ。ハリンさんの文章はプログラムを
    されるせいか、非常に論理的なので、パソコンも
    変換にあまり迷わないのかもしれませんね。
     しかし、こちらは変換泣かせに俳句があります。
    これはもうどうしようもないですね。
     88のユーカラからのつきあいなので、今でも
    単文節変換が主です。だからスペックオーバーですね
    かんなはちと苦しいですけれど。
     Linuxはやられてませんか。KDEなどは無償で開発を
    続けていて、寄付をつのっています。

  5. ハリン より:

    論理的であるのと変換で迷わないのとが
    関係あるのかどうか分かりませんが、
    基本的に知っていることばしか使わないので、
    変換で迷うことはないですね。
    (要するにことばを知らないってことです)

    ことば自体の選択では大いに迷いますが、
    それはIMではなくて脳みその仕事ですね。
    語彙の貧弱さはいかんともしがたいです。
    その意味では、
    ことえりでもオーバースペックです。
    精進あるのみです。

    完全に思いつきですが、
    IMの基本辞書をすべて削除して、
    ユーザ辞書だけで
    自分専用のIMを作り上げる、
    というのはおもしろいかも知れませんね。
    登録しないと使えないという手間が、
    ことばを大事にする方に向かうか、
    ことばを蔑ろにする方に向かうか。
    いずれにせよその人の癖が如実に出そうです。
    最初のうちは恐ろしいほど面倒でしょうが…。

    Linuxはすみません。
    触ったことありません。
    Macだけで手に余ってます。

  6. 清家弘規 より:

     ユーザー辞書でやるというのはいいところを
    ついていると思います。
     昔、ジャストシステムがモアイという雑誌を出して
    いて、その中に「ATOKを作る人たち」という連載が
    ありました。
     ひっぱりだしてみると、
    「お気に入り」辞書セットを作っています。
    プライベートの補助辞書に、コメント機能で住所や
    電話番号などを登録。簡易データベースとしても
    利用しています。お気に入りの入力設定や配色
    キー割り付けもあるので、まとめて「お気に入り」
    環境設定として登録しています。
    とありました。
     Mac用のATOKでは無理みたいで、Windows用の
    古いバージョンのATOKのパワーユーザーカスタマイズ
    みたいです。
     ATOKの解説書なんてないですもんね。

  7. ハリン より:

    さすがにATOKだけで一冊というのは難しいでしょうか。
    私も一度だけATOKを買ったことがありますが、
    (といいますかワープロについてきました)
    結局その時だけでした。
    いまでもバージョンアップのメールは来ますが…。

  8. Ribon より:

    同級生だし、ばすけっぶーだし、実際、青春してるし、背が179なんですか? マジで? 理想のタイプです。オヤジとの援交やめるんで、付き合って下さい。先輩のカノジョですが…

     …って、スミマセン。イキナリ、初見でネタかまして。
     さらっと混じってるんだけども誰もがスルーしているように思えて、通りすがりらしくROMるべきところ我慢できずに、ついつい本題と違うところに反応してしまいました…orz

  9. ハリン より:

    本題などあってないようなものですので、
    (何が主旨なのか自分でもよくわかりません)
    どしどしご反応くださいませ。

    すみません。
    本当は、ワンゲルで165でした(ネタバレ)。
    先輩にはすぐバレるので、
    おつきあいはご辞退させていただきます。

コメントをどうぞ