サイトが発覚。どう?

2004年10月24日

19、会社(学校、家族)に自分のサイトが発覚。どうしますか?

ああやばいね。それはやばいね。やばい時はあれに限るね。隠蔽工作。

  1. まずは、会社に退職届。受理。オーケー。
  2. 続いて、学校に退学届。受理。オーケー。
  3. 仕上げ、家族に盛る。一服盛る。万事オーケー!

スリーステップで解決ですな。盛るっていってもあれですから。盛蕎麦ですから。モルソバですから。年越しますから。紅白歌合戦から出演しませんかって年賀状きましたから。

まぁ発覚して困るようなことないし。上等じゃねぇか。公表してやろうじゃねぇか。インターネットに情報流してやろうじゃないか。

いや、ちょっと待て。ゴッゴルはまずいだろう。ゴッゴル使ってるの会社にばれたら退職ぐらいじゃ済まないだろう。学校にばれたら退学どころか入学だろう。家族にばれたら裁判だろう。家庭裁判だろう。控訴棄却だろう。違憲立法審査権だろう!

いずれにせよ裁判は避けたいです。裁判っていうのは何ていうかいろいろ気を使う。廊下走ったら叱られるし、節水だし、音の出るせんべいとかは禁止されてる。テレコとかギターとかは入口で没収されるし、帰りはなんかアンケートとか募集してて、うっかり答えようもんなら化粧品とか英会話とかを優待価格で販売されてしまうのだ。それで不幸になったり幸福になったりする人も多い。裁判所は四季折々の人生模様。悲喜交交。ヒキコモゴモなのである。コモゴモというのは今さら説明するまでもなく珍獣。生息中。あぁそうでしょうよ。そうでしょうとも。

seb1024.gif

コメントをどうぞ