にくのアクセスいいですか?

2004年11月25日

22、1日にどれくらいのアクセスがあったらいいですか?

アクセスというのが正直よく分からない。分からないときには辞書を引くのがウェブ日記作成者の嗜みであるからして新解さんをひも解いてみるに載ってない。1981年発行の第3版だから仕方ないか。インターネットはおろか日記すらも庶民には普及していない時代だろう。男のすなる日記をすなり!というわけである。

アクセスはダメだったが、類義語の「あくせく」は載っていた。

あくせく【齷齪】(1)[気が小さくて]細かい事まで自分でやらなければ気が済まない形容。(2)仕事だけにとらわれて、十分な休養を取る暇がない形容。

気が小さくて悪かったな!

やっぱり新解さんは辞書としてはちょっと特種なのである。ここはひとつ大定番の広辞苑に登場願うとしよう。言うなれば丸出しの岩波コンップレクスである。

アクセス【access】(1)情報に対する操作の総称。特にコンピューターで、記憶装置や周辺装置にデータの読み出しや書き込みをすること。(2)交通手段の連絡。「空港までのーがよい」

むぅぅ!わからねえ!まったくわからねえよ!岩波文庫よりもわからねぇよ!情報に対する操作の総称ってことはつまり情報操作だから、コンピューターでスーパーハッキング?なんか二重スパイとかそういうこと?1日にどれくらいのスパイが寝返ったらいいですか?まったく、誰を信じていいのか分からないよ。疑心暗鬼だよ。朝令暮改だよ。人間万事塞翁が馬だよ!

まぁここは(2)で解釈するのが妥当だろう。つまり1日にハリン家へどれくらいの交通手段があったらいいですか?うちは近江八幡なので、JR琵琶湖線か近江鉄道か名神高速道路で来てください。琵琶湖海中連絡船でも可です。新幹線も走ってます。駅はありませんが、降車ベルを鳴らせば停めてくれるでしょう。間違っても飛び降りないように!走っている新幹線から飛び降りないように!

コメントをどうぞ