データベースおすすめ書籍

そもそも私が家庭でコンピュータを使うのはデータベース的な何かに対する欲求なのだと思うのです。思うのでありますから、何とか入門、かんとか入門などの入門書を手に取っては見るのですが、さっぱり分からない。分かるような気がしない。実際に使ってみないと分からないということは分かるのですが、たいがいの書籍はウインドウズやリナックスを対象に書かれていて、じゃあマックはどうなの?ユニックスだから同じなの?漠然と不安です。できる気がしないです。

できる気がしないんです。と先日も挫折以前の屈託を抱えながら書店のコンピュータコーナーで関連書籍を立ち読みするふりをしていたのですが、ついに見つけたですよ。できそうな感じの本が。『MySQL入門以前』です。OS X対応です。文章がとても読みやすいです。Apache(OS X標準搭載!)+ PHP(同!)+ MySQL(簡単インストール!)でデータベースできます。前提知識はほぼ必要ないですが、HTMLとCSSが分かれば、画面を作るときに幸せかもしれません。基本的にはブラウザから操作しますので。

疑問はひとまず棚上げという方針です。取りあえずやってみるのです。ひととおりやってみて、差し支えるようだったら解消すればいい。詳しい書籍を読めばいい。そういう作りの入門書です。ひととおりやった後なら、詳しい本も読めそうです。CD-ROMにソースがついているので、面倒くさければコピーできますが、私はタイピングに喜びとか快感を覚える性質なので、うれしがりながらピタピタ入力しています。

基本的にはこの本だけで行けそうです。ただ、現在のところ一ヶ所、ターミナルのコマンドサーチパスを通すところだけなぜかうまくいきませんでした。もう、通さずにいこう、と一度は思ったのですが、あまりにも不便だったので、グーグリました。このページの記事でうまくいきました。メモ。

シェルがbashの場合
ユーザフォルダ直下の「.bashrc」というファイルに、
「PATH=”$PATH”:/usr/local/pgsql/bin」の一行を追加する。

シェルがtcshの場合
ユーザフォルダ直下の「.cshrc」というファイルに、
「setenv PATH “$PATH”:/usr/local/pgsql/bin」の一行を追加する。

tcshの場合の方は試してません。いずれも不可視ファイルなので検索結果などから開くのがよいと思われます。また、取扱にはくれぐれもご注意を。シェルとは何だとかそういう質問は一切禁止です。危険だからです。

続きはまたいずれ書きたいと思います。根がうれしがりです。

あと、余談ですが、アマゾンアソシエイトのリンク作成ページがすごく便利になってますね。一体いつの間に。

コメント

  1.  データベースは難しいんじゃないですか。
    Postgreなんかただだけど難しいと聞いてます。Windowsのソフトで五郎というのを持って
    ますけれど、テンプレートしかわかりません。
    参考書も1冊しかでてなくて、わかりにくい
    ので、ハードディスクの中で眠っています。
     でも、Javaも挫折しそうだし、最終目標が
    気に入ったので買うかもしれません。

  2. MySQLはそんなに難しくないですよ。
    自動車の運転とか結納とかよりは遥かに簡単だと思います。
    要は必要と根気の問題で、
    必要も根気もなければ人はたぶん、
    ババ抜きのルールも覚えられないのでしょう。
    データベースについては書き出すと長くなりそうなので、
    エントリにしようと思います。

この記事へのコメントの受付は締め切りました。