ウェブログにおけるブログとウログ

2005年5月22日

現在、ウェブログ界では、ブログ派とウログ派という二つの勢力が凌ぎを削っている。どっちにしよっかなぁと迷っている人のために、両者を比較してみた。

ブログ ウログ
英語表記 blog wlog
人口 多い 希少
分布 世界的 局地的
テーマ 明快 曖昧
速報性 高い
実用性 高い
信憑性 高い
コメント エントリに即す エントリ?何?
TB 盛ん 及び腰

あぁ、書いてて分かったよ。ウログはェブログの略だと思ってたんだけど、実は、うろんなウェブロのことだったんだ。

うちはやっぱりウログです。ウログしかやれんのです。明快なテーマというのが苦しい。集中力がない。緊密な横展開は無理。コミュニケーション能力の欠如は、リアルな現実だろうが、ウログな現実だろうが、どちらも現実である以上、いかんともしがたいです。

エントリごとにコメントとトラックバックを求めるというのに何かしら違和感があるのです。1エントリ1テーマができないからです。むしろ旧来の掲示板という形式の方が、ぼんやりした投稿への反応をいただくのには向いているのではないか。

というわけで、コメントとトラックバックは取り外させていただきます。今まで本当にありがとうございました。いい夢見させていただきました。代わりまして、掲示板大復活です(って、別になくなっていたわけではありませんが…)。掲示板における微妙な距離感が、私には合っているようです。以前のように時々でも書き込んでいただければ幸せです。

じゃあ、Permalinkもいらないんじゃないか?個別エントリの独立性にこだわらないのであれば。カテゴリアーカイブをメインにして、デイトアーカイブを更新履歴として活用するという手法も考えられるのでは。MTなら簡単だ。今後の課題にしときます。

コメントとトラックバックについては、シージーアイごと削除しますので、海外スパマーの皆様、どうか探さないでください。って英語で書かないとダメなのか。んー、なんて言うんだっけ?ドント・サーチ・ミー?ドント・サーチ・ミー!

コメント / トラックバック 1 件

  1. ハリン より:

    何ごとも無かったかのように、
    コメント欄復活しました。
    ややこしいことで申し訳ございません。
    掲示板荒れ模様なので…。
    どうぞよろしくお願いします。

コメントをどうぞ