主食と納豆

困った時は、食べ物の話。

妻がオイシックスを始めた模様(こないだ野菜がぬるいって言ってたのはこれ)。前回豆腐がきて、窒素充填方式だからとなめてかかったらこれが豆腐じゃなくて腐豆なんじゃないですかってくらいに豆臭のきつい豆腐で、文字通り味をしめた妻が藁納豆を注文していたらしく届いた。ていうか冷蔵庫の野菜室に入ってる。納豆は野菜ですか。

オレは特に納豆が好きだというわけではなく、積極的に嫌いなわけでもないがむしろ豆製品として納豆を食べるというわけで(これはつまり牛乳大好きな人が、チーズだって食べないわけではない、というほどの意味だろう)、大豆は大豆でおいしいのであり何も糸引いてる必要はないのではないか(これはつまり牛乳は牛乳でおいしいのであり、醗酵した牛乳が糸を引いていたらそれはどうだろう、どうなんだろう)と思うのである。すかさずカレンダーを確認すれば、明日のランチ枠には「納豆スパゲティ」と記入される。

納豆スパゲティはうまい、と思う。でもスパゲティの中では16番目ぐらいのうまさだと思う。オレはタンスイカブツァーなので、何らかのソースがコテと絡まっているよりも、白スパゲティのほうが好きなのである。いや、さすがに白スパゲティは厳しいだろう御飯じゃないんだし。まぁそれにしてもペペロンツィーノのほうが好きである。あと油大好き油漢(顔とか)なので、油にまみれたナスビに埋もれたスパゲティとかもペロリと食べる。油とナスビがあればもう、フォークとか皿とかいらないくらいである。いや、フォークとか皿とかはいる。それくらいスパゲティが好きなのである。三度の飯より好きだと言って構わない。でも、白御飯は食べられて白スパゲティが食べられないのはなぜか。これって結構テーマじゃないか?人類が叡知を結集しそうじゃないか?

オレがいま食事をコントロールできる立場にあったら、たぶんスパゲティが主食になるだろう。でもまぁ家庭内食を制すところまでの気概はないな。昔はもっと食い意地が張っていた。注意されないと拾い食いとかしてた。それを思うと年々食に対する執着が少なくなってきているな。まぁこれは食に限らず、物とかエロとかも同様なわけであるが、大丈夫かオレ。うまく言えないけど、もっと生きていこう!

いや、お前に言われなくても生きていくのであるが、妻に話を戻すと、妻にはたぶん主食という概念がない。単独で納豆とか切り干し大根とか食べてる。端的にいうと変態である。変態世帯なので、米の消費量が少ない。先日炊飯器が壊れて(オレが学生の時に使っていたものだから十年もの)、新しいのに買い替えたのだが、それがナショナル製の1.5合炊き(参考URL)。これ、フタがガラスで透明でしょう。炊けるところが見えるんですよ。ぼこぼこって。おもしろいですよ。ボーイスカウト気取りですよ。あと、カレーも炊けるらしいんですけど、これでカレー炊いちゃったら御飯はどれで炊くんですか?飯盒ですか?ボーイスカウトの出番ですか?まぁ妻なら切り干し大根にカレーかけて食べるんでしょうよ。さしておもしろくもなさそうに食べるんでしょうよ。

あなたパンくらい食べなさいよと注意してみるも、パンといえば給食のパンはうまかったな、と話をはぐらかされる。給食のパン?給食のパンって、消毒液に三日浸して天日に干して、三日浸して天日に干してを三回繰り返したみたいな病棟の匂いじゃないの?そんなことより私の質問に答えてよ!私と納豆どっちが大事なの!?

そんなの比べられない。

コメント

  1. タンスイカブツァーといえば、
    私は小さい頃、おやつに自作のお湯かけご飯を
    よく食べてました。
    当時は大好きで大発見でした。
    ミニタンスイカブツァーでした。
    あと、ミニクッカーいいですね。
    ミニクッカーのある生活を想像してホクホクしてきました。
    完全にナショナルさんの術中にはまってます。
    ててて、手のひらサイズですか・・・。
    もう2台とか3台とか買っちゃってもいいかも。
    もうどうなっちゃってもいいかも。
    ご飯とおかずの一気炊きとか。
    時間差炊きでおかわりも炊きたてとか。
    積極的かつ無駄に活用していきたいです。
    1台買うと今ならもう1台付いてくるビッグチャンスとか
    やってほしいです。どっかで。

  2. >私は小さい頃、おやつに自作のお湯かけご飯を
    >よく食べてました。

    いや、それはもうミニじゃなくて
    立派なタンスイカブツァーですよ。
    しかもオリジナル!
    並のタンスイカブツァーじゃないですね。

    >もう2台とか3台とか買っちゃってもいいかも。

    なるほど!
    そういう手がありますね。
    さっそく妻に提案してみます!
     
     
     
     
     
     
     
     

    却下…。

この記事へのコメントの受付は締め切りました。