白山羊さんたら読まずに食べた

2006年2月5日

島野さんからすごい久しぶりにメールが来た。うれしすぎて4分でおもしろメールを書きあげて超ダッシュで送ったのですが、いつまでたっても返事がきませんよ? 何かまた何らかの過ちを犯したような気が何かしますか? そんなに学校でも話したりしたことないじゃん!僕と!

まぁそんな種類の対人距離感覚が未だに芽生えてこない私ハリンでございますが、寒い。この冬何度目かの寒さです。滋賀県の近江八幡市には降雪があり積雪があり、喜び勇んで長靴履いて町まで出かけたのに、雪なんてなかった。町には雪なんてなかった。魚市場から来た人みたいでしたね私たち。

腕時計の時間が狂うようになって、近所の時計屋さんに電池交換を依頼したれば、電池はまだまだへたってないとおしゃる。むぅ。故障。というわけで購入したお店に持ち込んで調べてもらったところ、時計がものすごい磁気を帯びているとのことで、近づけられた方位磁針がぐるんぐるん回っている。伊藤みどり選手よりも回っている。なんでこんなことになってしまったのか。皆目分からない。あんたの住まいは富士の樹海か? というような目で店員さんは私を見ていた。困惑顔で私を見ていた。富士の樹海に住んでいるかも知れない客の時計であるにもかかわらず、店員さんは時計の磁気抜きをしてくれて。サンキュー! 感涙! 富士山麓で泣くハリン。

腕時計の時間が狂う原因としては他にも結露があるそうで、あぁこっちも心当たりあるな。今年は寒いし、加湿器を入れたりしてるし、あと、電波もよくないらしい。僕じゃないよ! 電波出してるの僕じゃないよ!

それはそうと、狂うのは時計であって、時間ではないですね。時間が狂うってなんだ。SF小説でありそう。筒井康隆とか書いてそう。あぁでも。遅れる、というと時計ではなくて時間ですよね。時計が遅れる。時間が遅れる。時計の時間が遅れる。あれ? よく分からなくなってきたな。時計の時間が遅れるとなると、時計の周囲の時間だけがゆっくり流れて、時間の早さってのは一部調節とかできるんでしたっけ? 川の中央と川の端っことでは流れる速さが違うってのと同じ理屈か。島野さんは中央を、オレは端っこを流れていて、だからメールの返事が永遠に来ない気がしてくるのである。ハリン大佐に手紙は来ないのである。

コメントをどうぞ