伸びたり縮んだり

2009年7月4日

もう暑いの暑くないのって暑いんですけどハリンでっす。暑気払いにでとすのあいだにっを入れてみましたハリンでっす。流行らそうとか思ってまっせん。

鬱陶しいと思った人は読まないでください。でも読んでください。

暑すぎるのも何なので散髪にいってみた。別に早川に「散髪しましたね男前が上がりましたね」とかいわせてやろうと目論んでのことではないし、そもそも早川というのは私の妄想であるが、そういう些細なことはどうだっていい。

私は散髪が好きというか嫌いというか好き嫌いというか散髪に行くたびにそのことをウログに書いているような気がするのであるが、これはおそらく、散髪してもらっている間の微妙な空白にいろいろ考えてしまうからだ。考える、といっても、普段話し言葉で考えているところをあえて書き言葉で考える、という程度のことである。適度に頭皮を刺激され、思索が進んだり戻ったり、毛が伸びたり縮んだりするわけである。眠くなったりもする。

私は予約が嫌いである。予約するくらいなら二時間でも四時間でも待たされたい。待っている間に本読んだりゲームしたりトイレにいったりごはん食べたり宿題したりハミガキしたり寝たりすればいいだけのことである。ゴドーを待っているときと同じ理屈だ。ただ、お店側からすれば店内で二時間も四時間もトイレに入られてはいい迷惑だし、宿題とかハミガキとかお前はドリフか。またらいしゅう〜。とかいって半年とか一年に一回しか来ない客などすでに客ではないわけであるが、前回と同じで、とお願いすると、ちゃんと前回と同じにしてくれる、プロである。

全然関係ないが、「縮んだり」と出力しようとして、「ちじんだり」と入力してしまったところ、「知人ダリ」と変換されてしまった。知人ダリ?

ダリって、ダリだ?

病気でっす!

コメントをどうぞ