小沢氏秘書逮捕に思う

2009年3月7日

最初に謝っておきます。本当に「思う」です。単純な印象ですすみません。

今回の秘書逮捕が「極めて異例」(要するに無理筋)なのだとすると、検察による捜査の裏側に何らかの意図があるはずと、考えるのがふつうですよね。考えざるをえませんよね。ご丁寧にも「政府高官」に「自民党には波及しない」とか発言させちゃってるわけでしょう?これはもうあからさまに、政府に対するネガティブキャンペーンですよね。真相はどうだってかまわない。多くの国民に、「政府与党はやることがえげつない」というイメージを植えつけることができさえすればいいわけで。そういう意味では、民主は「国策だ!」とか騒ぎすぎない方がよかったよね。逆に。

まぁ今回のことはともかくとして。政治とか政局とかよくわからないからやめとこうと決めていたんだけども。

渡り容認政令といい郵政民営化反対発言といい(他にもいろいろありましょうがこの二つは特にやばいですよね)、麻生氏という贄羊に負わすだけ負わせて、自民党という泥舟とともに深く深く沈めてしまおうという誰かしらの意図を感じずにはおれません。麻生政権による政治空白が日本経済や国民生活に深刻な損害を与えていることは事実でしょう?この空白を埋める努力が行われているように見えないのは一体何故なのでしょう。日本を陥れて得するような人がいるのかな。

もしや、「小沢だけ」を退場させようとしているのかしら。陰謀説ってほんと面倒くさくて嫌だわ。