2004 年 10 月

こうさぎの言うことにいちいち反応してみる。

2004年10月30日

セバスチンマニアのみなさんこんばんは。セバスチンです(偽)。

使用しないし急増しない。刊行しないしリンクもしない。RSSなどもってのほか。読書部よりもコンスタントに、淡々と投稿を続けるこうさぎセバスチャン。健気ですね。キュートですね。100回クリックしたいですね。

セバスチャン読みたし、まとめて読みたし、というわけで、セバスチャンジャンキーなあなたのために(ていうか自分のために)、このようなページを作ってみました。夜な夜なご活用いただければ幸いです(己の語彙の乏しさに打ちひしがれております)。

seb1030.gif

あなたのサイトはどこ

2004年10月28日

20、あなたのサイトはどこ(ReadMeなど)に登録していますか?

防犯登録してます。何か警察とか、自転車屋とか、義務だとかいうんで、でも、登録してるからって、鍵かけずにその辺置いといたら盗まれます。サイト盗まれるんですよ。「このサイトはお客様のご都合により表示することができません」。そもそもサイトっていうのはウログですかね。ホームページですかね。ホームページは省略すると、ムペー、ですかね。ムペー!ムペー!と吼えていたら、家人から水をかけられましたよ。何と間違われたんですかね。

ウログウログいっておる私ですが、それでもやはりいまもなお、ウエブログの持つある種の軽快さ、スピード感についていけずにいるという事実、ムペーの至るところに表出しておりましてですね、痛ましいです。そんな私、書店にてこの本を読みましてですね、熟読しましてですね、技術面はさておき、発想としては諸手を上げて賛同したい、すなわちムーバブルタイプはウログじゃないということです。ウログの時代は終わったっちうことです。ハリンはウログを引退しますが、ハリン軍は永久にムペーです!

とかいってムペーを流行らそうと目論んでいるわけですが、サーバから警告とか来そうなのでやめます。グーグルからリンクとかされそうなのでやめます。月に100万円ぐらいいきそうなのでやめときます。プチリタイヤです。つまりは、立ち読みしながら時折ムペー!と奇声を発する、店の人に警察呼ばれる、だけど防犯登録してるから安心だということです。

郵便局は遠すぎる

2004年10月25日

「平成16年新潟県中越地震」義援金の受付窓口がはてなに開設されました。はてなポイントで義援金を送ることができます。私のような意志薄弱行動力皆無な人間でも参加可能、こういう試みは本当に素晴らしいですね。はてなポイントで、ってところが近いと思うのです。振込やなんかは、困難だ。

続き…

サイトが発覚。どう?

2004年10月24日

19、会社(学校、家族)に自分のサイトが発覚。どうしますか?

ああやばいね。それはやばいね。やばい時はあれに限るね。隠蔽工作。

  1. まずは、会社に退職届。受理。オーケー。
  2. 続いて、学校に退学届。受理。オーケー。
  3. 仕上げ、家族に盛る。一服盛る。万事オーケー!

スリーステップで解決ですな。盛るっていってもあれですから。盛蕎麦ですから。モルソバですから。年越しますから。紅白歌合戦から出演しませんかって年賀状きましたから。

まぁ発覚して困るようなことないし。上等じゃねぇか。公表してやろうじゃねぇか。インターネットに情報流してやろうじゃないか。

いや、ちょっと待て。ゴッゴルはまずいだろう。ゴッゴル使ってるの会社にばれたら退職ぐらいじゃ済まないだろう。学校にばれたら退学どころか入学だろう。家族にばれたら裁判だろう。家庭裁判だろう。控訴棄却だろう。違憲立法審査権だろう!

いずれにせよ裁判は避けたいです。裁判っていうのは何ていうかいろいろ気を使う。廊下走ったら叱られるし、節水だし、音の出るせんべいとかは禁止されてる。テレコとかギターとかは入口で没収されるし、帰りはなんかアンケートとか募集してて、うっかり答えようもんなら化粧品とか英会話とかを優待価格で販売されてしまうのだ。それで不幸になったり幸福になったりする人も多い。裁判所は四季折々の人生模様。悲喜交交。ヒキコモゴモなのである。コモゴモというのは今さら説明するまでもなく珍獣。生息中。あぁそうでしょうよ。そうでしょうとも。

seb1024.gif

ゴッゴルレポート

2004年10月21日

ありえない勢いで流行中のゴッゴルを、遅ればせながら試してみた。情報系蜜柑サイトの面目躍如ということで、使用感などレポートしたい。また、初心者がつまずきやすいポイントなども指摘できればしてみよう。

まずは入手方法。近所の農協や郵便局には当然のように置いておらず、アマゾンでも扱いがなかったので、本家サイトゴッゴルドットコムにて注文。15分で届いた。無料だった。

第一印象としては感じたのは「思ったよりも分厚い」ということだった。正直なところ、この分厚さなのに、なぜこんなにも騒がれているのか不思議だった。しかし、実際に使いはじめて、15分で納得。この柔らかさでこの厚みなら十分に許容範囲だ。それどころか、もう少し厚くてもいいんじゃないかと、心配にすらなってしまう。まぁ大気圏も超えるというぐらいだから大丈夫なのだろう。

さっそく近所のコンビニで試してみる。最初、レジの店員さんには、え?という顔をされたが、奥から店長らしき人が出てきて、スムースに対応してくれた。これも厚みのおかげだろう。銀行などの金融機関ではまだ試してないが、TPOをわきまえていればおそらく大丈夫なのではないか。犬に匂いをかがれることもなかった。付属のアタッチメントで色を変えられるのもうれしい。ただ、気に入った色がなかったので、別売りのボンダイブルーをゴッゴルドットコムにて注文。15分で届いた。無料だった。

コンビニで使えたら、次はネットにもつないでみたい。ゴッゴルは標準でアマチュア無線対応なので、いきなり無線通信が可能である。難しい設定は必要ない。アマチュア無線の免許を取得し、IPアドレスをハッキングして、サーバにアップロードするだけだ。アップロードできない時は、ダウンロードでも構わない。ただし、西日本と東日本では周波数が微妙に異なるので、事前に調べておこう。ゴッゴルドットコムのサイトにアクセスすれば自動的に電波を受信する仕組みだ。ちなみに近江八幡は60ヘルツだった。

しかし、ここで、問題発生!私の入手したゴッゴルは50ヘルツだったのだ。そんな説明はなかったと憤りつつゴッゴルドットコムにクリックアクセスし、周波数関係苦情申告専用フォームからゴッゴルを返品したい旨送信すると、15分で60ヘルツが届いた。迅速な対応だ。しかも50ヘルツのをよく見ると、50ヘルツ←→60ヘルツ切替スイッチがついていたのだった。

いろいろ書いてみたが、トータルとしてはかなり満足している。やはり、この厚みがポイントなのであろう。他のサイトを見てみても「思ったよりも厚くない」という意見が大半である。また、JRの改札や公衆電話にも対応済みで、年内にはATMでの引き出しもできるようにもなるらしい。水洗いオーケーなので手入れも楽だ。みなさんも騙されたと思って一度お試しいただきたい。そしてその厚みを体感していただきたい。もちろん、犬好きへのプレゼントにも好適だといえるだろう。

なんかおかしい

のアクセス数が急増した日があって(といっても50ぐらいなのだが、通常は10ぐらいなので…)、何だろうなぁと思ったら2チャンネルの森博嗣新作トピックで言及されていたのだった。鯖における『φは壊れたね』の解釈がおかしいというのであった。

「おかしい」というのを狙ったのではなく、率直に「海月=森川」という印象を抱いたのだ。他所の感想サイトはどうかと見て回るに、「海月=犀川」というのがもっぱら通説であった。

そうか?

素直に読んだら「海月=森川」じゃないか?海月が勝手にカレーを作るシーンなどは森川そのままではないか?確かに森川がいかにして海月になったかという考察は妄想だが、それを否定しようとは思わないが、単純にキャラクターとして海月は森川ではないか?

まぁいいか。

いいのではあるが、このようなことはけっこうあって、どうしても主流からは外れてしまう。多数派でありたいとは思わないがツボは押さえておきたい。押さえ切れてないがゆえにただのちょっとずれた人になってしまう。

同じトピックに海月は保呂草と各務の子、というのがあり、こういうのは押さえていながらすかしていて素敵だなぁと嫉妬するわけです。

バージョンアップ

2004年10月18日

すみませんサバノワの話題ではありません。よそ様のお作りなさったソフトです。

エルゴソフトから「EGシリーズ」バージョンアップのハガキがきた。まめに買い続けている数少ないソフトだ。次バージョンの「EGBRIDGE」では、「スマート・インライン変換」搭載で、何なのかというと「入力する前後の文章を取り出して文脈を解析することで、期待通りの変換を実現」だそうだ。つまり何でもスマートに変換してしまうのである。「はりん」で変換キーを押すと、「同級生でバスケット部で実際青春してる背が179のハリン」となるわけで、文脈的に期待通りなので仕方ないのだがとにかくスマートなのである。

たぶん今回も買うのだろうが、問題は「EGWORD PURE」もついてくるということだ。いちばん最初に購入したのが「EGWORD PURE」なので、そのままずるずるとついていきているのだ。はっきりいって、全然使ってない。そもそもワープロを使わない。ちょっとした文章やスクリプトの類いであればmiが便利だし。マイクロ会社のワードソフトは太平洋に投げ捨ててきたし。

それより何より「PURE」の部分が、ダメだ。汚れてしまった大人に「PURE」は使えない。「PURE」の取れた「EGWORD」にアップすればいいではないかという意見はもちろん却下。

「EGBRIDGE」単体と「EGWORD PURE+EGBRIDGE」のバージョンアップ価格差が1,500円。これがすなわち「PURE」のバリューである。純粋さの代償なのである。無垢な心を1,500円で売り渡してしまったのである。

まぁそれはいいとして、よくないのは「EGWORD PURE+EGBRIDGE」から「EGBRIDGE」単体へのバージョンアップは不可ってことで、「PURE」に払う価値なぞないとまでは言わないが、使わないものに払い続けるのもなぁ。「EGBRIDGE」単体の新規ライセンス購入かねぇ微妙。

10年前の僕らは

2004年10月16日

昼休み、弁当を食みながら昼メロドラマなど見るでもなく見ていると、かつて耳に馴染んだあの歌声が聞えてくるではないか。

♪いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ

当時僕は20歳で、小沢健二は女の子に大人気だった。圧倒的に超人気だった。僕が好きだった女の子も好きだったと思う。

だがむしろ、2004年の現代において、テレビを前に途方に暮れているのは70年代前半生まれの男子なのではないか。たまたま同じ部屋にいた75年生まれの女子(妊婦、産休目前)に、「あーこれなんかなつかしいですね」と言われ、「はーそうなんですか」と意味の通らない返事をしているのは74年生まれの男子(賃労働者、半休当然)なのではないか。

そういう男子は全国的に50パーセントを超えている。それぐらいにみんな小沢健二のことが好きだったと思う。何のコマーシャルだったか見てなかった。グーグルも今日はやらない。

RSSとは何か

2004年10月13日

巷でブームのRSSを私もやってみたいということであります。ウログといえばRSSなのですよえぇ。なんちうても蜜柑糖はニュースサイトですので高度情報化社会ですので一日100サイトぐらい巡回収集してますのでえぇウソですとも句読点なしで否定しますとも。

RSSというのは、ご存知ない方のためにご説明しますと、あれですな、ウログとかブログとかの記事概要をずらーっと、表示するわけですな。未読だけずらーっと表示させたりすると、便利なわけですな。RSSが何の略かは知りません。知りませんのでグーグリます。「RDF Site Summary」。あぁ、RDFのサイトサマリーね。はいはい。全然分かりません。サマリーってのは日本語の「さわり」がなまったものだから、サイトの「さわり」が、RDFっちうわけですね。なるほどはいはい。で?

まぁこのへんで。拡張子が.rdfになってたらそれはRDFファイルで、読めるとうれしいという図式になりますな。

次のサファリではRSS読み込み機能標準搭載になるそうですが、次のサファリ(ていうかOS)を導入するかどうかが微妙なのです(そろそろマシンスペックが?)。単独のRSSリーダーソフトはたぶんいちいち立ち上げるのが面倒くさい。すぐにやらなくなる。ブラウザで済むことはブラウザで済ませたい。

そこで、オンライン上のサービスを利用してみようというわけです。Headlines.jpは画面構成シンプルで読みやすくて設定事項最小限(ていうか読みたいRSSのアドレスを登録するだけ)で好感もてます。ウエブは広告全盛時代でどんどん複雑というか猟奇というか得づらいというか困難な状況ですので、こういう分かりやすさはそれだけで価値ですね、ていうかすみません、うちもアフィリエイトとかアソシエイトとかやってます。

蜜柑糖も登録して(アドレスはhttp://www.mandarin-orange.net/index.rdfです)、ぬふふとほくそを笑むわけですが、一日7回ぐらい更新しないと意味ないですか。ていうか自サイト登録してどうするのですか。自分で更新して、RSSリードして、お、新着新着、ぬふふ、と笑むわけですか。阿呆ですか。

あと今さらですが、ウエブサービス、やぱりウエブサービスなのですか。もはやローカルで何かやる時代は終焉したのでしょうか。

いつまで続ける予定

2004年10月12日

18、いつ頃まで日記サイトを続ける予定ですか?

日記サイト100の回答を終えるまで。これに答えるそのために、そのために僕は日記サイトを続けているんだ。答えのない問いを問い続けているんだ。それ以外に日記サイトを続ける理由なんてあるかい。続けていればいいことあるのかい。友だち100人できるのかい。

あぁ今冷静に考えちゃったんだけど、日記サイトじゃないよね。全然日記書いてないし。そもそも日記って何。どっちかっていうとオレサイトだよね。何かって言うとすぐに「オレは思うんだけどさ」「オレの考えでは」「オレ流でいくとすると」…。ある意味オレオレ詐欺。オレオレ詐欺の巧妙なのは、電話相手が誰だかわからないところ。正直言って人の声なんて3種類ぐらいしか知らないから、女の人の声だったらもう騙されるね。「オレオレ、金振り込んで」って、すわ一大事、妻一大事とばかりに振り込むね。そっこうで振り込むね。近所の農協からね。電信でね。口座番号!忘れた!まぁいいや適当で。

それから10分後に妻帰宅。あれ?交通事故じゃなかったの?

「何をいっとるのか御前は」

し、しまった!うちには車なかった!まぁ車なんかなくったって人間や犬猫の一人や二人轢いてしまいそうな妻であるから、僕が心配するのも故無きことではないのだよ。車がないなら電車で行けばいいのよ。電車がなければ新幹線なのよ。

いや、新幹線は勘弁してくれ。さすがの僕でも新幹線には勝てないよ。リニアモーターカーが発明されるまで待ってほしいよ。ていうかリニアモーターカーって、僕が子供の頃から学研やら何やらのネタとして登場しているのだが、結局のところどうなの。実現しないの?と思ったら、上海じゃすでに走っているのですね。上海ってなんか、都市としてすごいね。まぁそれは別の話だが、そもそもオレなんていう人物はこの世に存在しないので、もちろん中国にも存在しないので、みなさんもオレオレ詐欺には十分気をつけてほしい。