2004 年 8 月

肉と五輪

2004年8月31日

バーベキューとオリンピックは似ている。無縁の人間でも4年に一度くらいは見舞われるという点において。

湖西線で琵琶湖をくるっと回って堅田(正確にはくるっとではない。山科から取って返す具合。なぜくぐらなくていいトンネルを二度もくぐるのか。湖東と湖西って地の人間にしか分からない不連続があるのかな)。もしくは泳いで琵琶湖を渡って堅田(「必ずしも泳がない」という説明がある。守山から堅田まで橋が架かっているからだ。歩いて渡ることも許されているが、しかし15分経つと橋は上がってしまい、人も車も犬猫もドボン、結局泳ぐ羽目になる)。前の前の前の職場で一緒だった先輩や上司や所属長といったところだ。所属長はリタイヤして1年になり当然のように遊び倒している。女性バイタル力の好例だがまぁ今日はその話はいいか。

あんたは全然変わらんなぁと言われる。30代や50代の集まりで、誰一人変わった人などいないのだが、ことさらにあんたは変わらん、全然変わらん、変わろうという気概が感じられないと言われる。これでも5キロ肥えて5キロ痩せたんですよと言うと、それはおもしろいから今すぐ5キロ肥えろと言う。できる筈だと言われる。無理だ、いかに何でも。オリンピックで金メダルを取るくらい無理だ。その意味でもオリンピックとバーベキューは似ている。

肉が好きだ。特に豚肉が好きだ(私の中では豚肉=金メダル、鳥肉=銀メダル、牛肉=銅メダルという表彰台なのだがどうか。実はその三つ以外の肉を食べたことがない)。だが、もう食えない。好きなのに食えないと言うのは飽食時代にあって象徴的な出来事だが、いつからそんな飽食時代に生きていると言うのかオレは。食べられないほど食べたことがあるか。どちらにせよ肉が食べられないので、烏賊やシシャモやナスビを食べている。握り飯を焼いている。

子供はすぐに大きくなるな。産休中の先輩に抱かれべーべー泣いていた赤子がもう来年就学だものな。こういうのは変化ではなくて何と言うのだろう。人の親になったことがないからかよく分からない。

どうせ山科まで戻るので京都でシャンプーを買って琵琶湖線に乗り直すと栗東あたりで眠ってしまい、覚めたら能登川だ。危ない危ない。東の限界線を越えてしまうところだった。越えて死ぬわけではないが、そんな気持ちにならぬわけでもないだろう。

とか何とか書いてるうちに、オリンピックは終わってしまった。完了してしまった。日本はかつてないほどメダルを獲得したらしいが、地球上で開催している以上、どこかの国に属する人がメダルを取るのは当たり前だろう(むしろ無国籍や多国籍の人が出場していたら、興味本位で応援したい)。メダリストは日本人としてではなく、人として素晴らしいのである(今さら何を言っているのだろう。今さらながらに言わねばならないことか)。だから私は自分の不甲斐なさを嘆く。結局私は今回も、メダルをもらえなんだ。オリンピッカーになれなかった。次はどこで何年後か知りませんが、いろんな意味でのメダルを得ていきたい。金銀銅を独占していきたい。そして、メダルの数だけメダリストがいるのだということを、いつまでも忘れないでいたい。

クーポン考

2004年8月26日

アップルストアーからメールが来て、5千円のクーポンくれてつかわす、5万円以上買ったら使いたまえ、期限は8月30日と。いうわけで仮想ショッピングと洒落込んでみよう。Buy!Now!

アップルストアー(全然関係ないが、私の通っていた学校の近所にあっぷる書房という古書店があった。エロ中心のラインナップであった。)のページへいってみるに目に付くのはやはりiPodであるな。iPodがいらない理由を10個も紙に書けるほど私にはiPodは必要ないのだけれど、まぁ仮想ヴァーチャル脳内ショッピングと割り切った上で買ってみることにする。

現在発売されているのは2種類で、高い方である40GBのを買っても4万4千9百4十円。足りない。5万円には足りない。ダメだ。こんなんじゃ買えない。でも、欲しい。何が何でも欲しいんだ!というわけで、20GBも同時購入!3万3千3百9十円!合計で5万円オーバー!やったね!チーン!(←キャッシュバックの音)。右の耳に40GB、左の耳には20GBのまったく新しいミュージックライフを提案していきたい。

次に目をつけたのはソフトウエアだ。ハードウエアはソフトがないとただの箱なのだ。スネークプレビュー!タイガー!は生憎と発売前らしい。8月30日までに発売されたら買うこととして、今はパンサーで我慢だ。パンサーは1個で1万5千5百4十円。ノー!足りない!まったくもって足りない!だが、がっかりするのはまだ早い。パンサーにはファミリーパックもあるのだ。ファミリーパックは5ユーザーまでインストールできるという。つまり、iPod mini を全色買ったとしても、その全部にインストールできるのだ!(※注

すばらしい!ブラボー!脳内サファリでオンライン!と思ったがファミリーパックでも2万3千9百4十円。足りない。根本から足りない。こんなもんじゃぜんぜん足りんわ!ファミリーパックもっともってこんかい!この店にあるファミリーパック全部もってこんかい!というわけで、ファミリーパック×2+シングルユーザー×1で、めでたく5万円オーバー!チーン!(←キャッシュバックの音)。サッカーチームができるほど子供が産まれても安心だ。8月30日までに産まれてしまったとしても大丈夫だ。

以上、ソフトウエア、ハードウエアの両面からモデルケースを想定してみたがいかがだろうか。他にもApple FireWire Cable×27本や、AppleWorks アカデミック版×10本など、魅力的な事例はいくらでも思いつく。まさにマックユーザの数だけ存在するといっても過言ではないだろう。あなたもご自分の個性を活かしたマックライフをエンジョイしてほしい。謳歌してほしい。ほしい

 

※注)できません。

何処へ

2004年8月22日

無事、お立ちになりました。

2004082201.jpg

用済みになってしまった巣は取り外して

続き…

飛行訓練

2004年8月19日

燕続報。いよいよかな。

04081901.jpg

「ついといで」「まってよぉ〜」

04081902.jpg

「にいちゃんがんばれ」「がんばれ」

キャッチコピー

2004年8月16日

14、あなたのサイトにキャッチコピーをつけるとしたら何?

安いよ!安いよ!とにかく安いよ!でも安いだけじゃない!

つけるとしたら、断然これでいきたい。何を置いても安いんだけど、安いだけじゃないなってことも同時にアピールしたい。値頃感を出したいってことなんだ。もし他の店より高ければ再値下げも辞さない。

いや、これだと、何が安いかが分からないな。

安いよ!安いよ!魚が安いよ!でも安いなりの理由があるよ。

何が安いのかと、どうして安いのかを暗示してみた。今日は特売日だから魚が安いんだ。特別に売っている日なんだ。安いのは深海魚。あんこうとかちょうちんあんこうとか。とにかく深いから。鮪とか鮭とかはむしろ高いから。シーチキンで我慢してほしい。直訳すれば海鳥肉。海鳥だけど魚なんだ。鳥なんだけど魚なんだよ。奴の目はどうだ。死んだ魚の目をしているだろう。何にも映っちゃいないのさ。

いやいやいやそういう話ではなかった。

最近は、小腹が空いたら煮干しをかじっている。膳所善造があまりにもうまそうに頬張っているので僕も食べてみたらうまかった。カルシュームとか、ディーエッチエーとか栄養面が取り沙汰されることの多い煮干しだが、美食家たちの間では食後に二三本かじるのがブームで、粋とか粋人とか粋狂とさえ言われていることも指摘しておこう。フランス料理店では、「ニヴォシ・シル・ヴ・プレ」と、小粋に注文したい。

ていうかそもそも「キャッチコピー」というものを正しく理解していないと思った。

燕と鳥

2004年8月15日

職場の軒下に燕が巣を作り、子が三羽いる。

今日出勤時ふいと見上げるに、おぉ、二羽になっているではないか。ついに巣立ったかと思ったら、同僚の波多野君が足下を指さし、あ、と。ん、と見下ろすと、そこに一羽バタバタしていた。チーチーしていた。落ちたらしい。鈍くさいよのう、何をやっているのか。もう、親と変わらんぐらいの図体なのに。ここは人間も車も寄るので踏まれる。踏まれるので死ぬ。死なれるのは嫌なので巣に戻してやる。みっしりだなぁ、そりゃ落ちるわ。狭い狭いって鳴くなよチーチー。まぁそれはそうと。

死なれるのは嫌、というのは私のエゴイズムである。我思う、ゆえにエゴイズムである。かわいそうとは思わない、死体を見たくないのである。戦争反対と同じである。戦争で死にたくないし、戦争で生き物が死ぬのを見たくないのである。戦争が好きな人は、そういうのが好きな人なのだろう。ブッシュD(D=DAITOURYOU)やなんかは戦争が好きなのだろう。戦争で生き物の死にまくるのが好きなのだろう。立場が違えば間違いなく極刑なのに、次の選挙に負けて普通の人になったブッシュDのことなど、みな忘れてしまうのである。ブッシュ?誰それ?大統領?何それ?

誰それ何それつぶやきながらぼんやり見上げていると、波多野君が突如発言する。「燕の巣って食べるんですよねぇ」。

そうなのだ。人類は鳥類の住処を食して生きているのである。鳥類を食すこともある(かしわ)。鳥類に食されることもある(鳥葬)。鳥類になったりもする(鳥人間コンテスト)。鳥類と人類はもはや切って切れない関係にある。

迷惑コメント対策

2004年8月8日

昨夜一瞬だけMTが3.0になったのですが、今朝には戻っていました。mt-rssfeed.plが何かうまく動かなくて、せっかくの迷惑コメント防止機能が使えなかったのでした。 バージョンチェックしてるところで引っ掛かってるみたいで。バージョンの表記が数字じゃないから?ヌーメリック?よく分からず。

で、以前からちょろちょろあった迷惑コメントですが、ここ2、3日でなぜか急増(といっても一日10件ぐらいですが)、しかも削除した直後にまたすぐコメントされたり、迷惑者はそういう嫌がらせの意図は無いのでしょうが(彼らの意図はグーグルで上位にランクされることにあるそうです)、被迷惑者にとっては嫌がり以外の何ものでもなく、精神によろしくない。ようやく重い腰を上げたわけです。

MT3.0には迷惑コメント抑制機能があるとどこかで盗み聞きした私、さっそくMT3.0をダウンしアップしてみました。いろいろ面倒なので、MTフォルダをバックアップして、ごそっと入れ替えました。概ねふつうに、当たり前のように動作して、すげえ!ブラボー!と諸手を上げたのですが、上記不具合(不具合ってこともないか?)に遭遇し、戻し、現在に至っています。それに、迷惑コメント抑制機能は、歓迎コメントも抑制しそうな感じなので、やっぱりあんまりよろしくないかなぁと。事前にウログ管理者に許可受けた人のコメントか、投稿後に許可を受けたコメントしか、ウログに反映されない仕組みなのです。

で、グーグルしたりグーグルしたりした結果、こちらで紹介されていたコメントCGIをリネームするという方法に行き着きまして、実行しています。迷惑者の手段にも寄るとは思いますが、うちの場合はこれで100パーセントカットできると思われます。今のところぱたりと止んでおります。

それにしても今ごろこんなエントリ書いて、世間様から半期は取り残されていますね。ようやく冬物仕舞いました、てな具合で。

これほしいなぁ。492ページ!三千四十五円!おライリー!鼻から出血しそう。最近ファイナルファンタGを買ってしまったので、カードの使用限度額(一万円)超えてしまうので。リンクとスーマリ2もやりたし。今度のファミコンミニ(ファミンニ)はいいところついてるな。模した外箱がたまらない感じ。興奮しすぎて口からなんか出てきそうだ。

Blog Hacks に対抗して、Wlog Hacks を書きたいと思います。ハックルダンスを踊りたいと思います。

ウログと日記

2004年8月5日

ウログというのはやはり日記とは違います。今さらながら思います。カテゴリやトラックバックを考慮すると(考慮すると?考慮すると?考慮するだけのものを書いているとでも?)、1エントリ1テーマだと思うのですが、これができん。これができんのです。

確固たる主題が無いのです。メリハリをつけるのが苦手です。油断すると「生きてるのか死んでるのか分からない気持ち」と歌っているのできっと、そういう重要なことさえ曖昧なのでしょう。そもそも死んでいる状態を知らないのですから分からなくて当たり前なのかも知れませんが、人は臨死しています。いつだって誰だって生きている以上、臨死しているんです。臨死していないのは死んでいる人だけです。あれ?じゃあ、死んでいる人は何に臨んでいるんだろう。何にも臨んでいないから、つまりは安定しているといえるのかな?臨むというのは遷移しそうだということだし。

じゃあ生まれる前は生に臨んでいたのかしら。臨生していたのかしら。むしろ輪唱していたのかしら。あぁそうですね。生まれる前は輪唱していたんです。

かえるのうたが〜 きこえてくるよ〜
かえるのうたが〜 きこえてくるよ〜
かえるのうたが〜 きこえてくるよ〜

そう考えると生命というのは神秘ですね。我々はこの世界に突然投げ出された蛙なんですよ。投げ出されるなり歌っているわけです。ちっこいフォントで歌っているわけですよ。

かえるのうたが〜きこえてくるよ〜
じごくのそこからきこえてくるよ〜
かえるのうたが〜きこえてくるよ〜
このよのおわりがきこえてくるよ〜

to be continued…